英語は単なる言語ですから、基本的に大きな変化はないのです。
そして、TOEICとTOEFLですがどちらも英語の能力を図っていくといったことはわかっていても具体T系に何が違うのかわからない方も多いでしょう。

 

そしてTOEICは主にビジネスで活用されてる英語が出題されるのです。

 

そしていろいろな企業によって社員の評価や英語力アップを目的にして利用されていることが多いのです。
だいたい600点以上かどうかといったことが一つの目安でこのスコアを超えていると就職などで有利になるとされているのです。

 

そして700点、800点レベルだとかなりの英語上級者と見なされるのです。

 

そして、TOEFLはおもにアメリカなどの大学などにおいて入学希望者がその国の授業についていけるような英語力があるのかといったことを判定するために利用されているのです。

 

そして留学をするときはTOEFLのスコア提出が必要になってくるといったこともそのことがうかがえます。

 

そして通常は大学院では213〜300点ぐらい大学は173-213点ぐらい、短期大学は133=173点ぐらいが必要になれるラインとなっています。
しっかりと勉強をして合格しましょう。

 

テキストダウンロード