TOEFLのテストはTOEICテストにはないようなライティング力を試していく問題が出題されています。

 

そして、リスニングやリーディングは得意であってもライティングは苦手と言った日本人が多いですから、ここはしっかりと対策をしてみたいでしょう。

 

そしてこの両検定は多少の違いがあってもどちらも権威ある有名な検定ですから、重要度の優劣はつけられないのです。

 

そして、リーディングやライティングはそこそこできるようになってもスピーキングが思うようにいかないといった悩みを持っている方もおいのです。また日本人にありがちなパターンです。

 

そしてどうしてリーディングやライティングは比較的得意な方が多いのでしょうか。理由は簡単であり、この2つは早くて小学校遅くて中学校から半強制的に接するような機会をつくられるからなのです。

 

そのために得に英語の勉強をしていない方であってもある程度の読み書きは可能になっています。

 

そして、どうしてスピーキングはなかなかうまくいかないのでしょう。
その答えは読み書きと違って普段あまり英語を話していくといった場面に接していないからなのです。
そして接するとすると勉強をしちるときぐらいですが、やはりそれだけでは足りません。

お役立ちレポート

 

@ A B C D E F G